樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

2015-05-28から1日間の記事一覧

竹紙と葛紙と……

なぜ竹紙なのか……。長くなるので詳細はいずれ。 あえて、ひとことでいえば、 「人はいつごろから、自然界から繊維を取り出し、人工物として再編することをはじめたのか」 を想像してみたい、みるべきだ、そこに価値と意味がある、ということですね。 竹の繊…