樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

2017-07-10から1日間の記事一覧

虹と市と水と(1)

木次のカフェ・オリゼで月に一度もうけている「本の話」。今回は安間清『虹の話』をとりあげる。1978年に著された比較民俗学の論考であり、虹の民俗についての論文ではまず参照される基本的文献でもあり、虹の民俗学の嚆矢ともいえるだけの「何か」をもって…