樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

2017-11-18から1日間の記事一覧

カラサデさんの「実際の言い伝え」

《習俗は理由もなく消えたり生き残ったりしない…… それが生き残り続けているとすれば、機能の永続性の中にこそ”真実の理由”を見いだすことである》 レヴィストロースの言葉に引かれながら、少しずつ読んだり聞いたりしている。きょうは午後から県立図書館。…