樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

2019-03-26から1日間の記事一覧

飢饉の記憶とカブの儀礼と

年取りカブを中心としたカブの民俗について整理してみる。 ◆正月カブ(地カブ)が供物として捧げられるとき。 1. 歳神さんを迎えるに際して「吊るす」形態で→「吊るす」形での供物は、獣のそれが原型ではなかったか。神殺しとも言われるもの。 2. 稲こぎの…