樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

2020-05-11から1日間の記事一覧

本の読み方、世界の見方〜#3_Book 7 days

本の顔の7日間、その3。◉種村季弘『雨の日はソファで散歩』筑摩書房,2005 「書かれたものは、いわば音符に過ぎない」中井久夫)この本は、推理小説にも似た、謎解きを誘うようなところがあって、そんな奏で方(読み方)があったのかという訪れを、静かに待…