樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

2020-05-12から1日間の記事一覧

茸作 豊後國市平墓〜#4_Book 7 days

本の顔の7日間、その4。◉茸作 豊後國市平墓 もとは、匹見の廣見河内にあった墓石です。市平(三平)は、天保11年から嘉永5年まで匹見で椎茸をつくり、ある雪の日に亡くなった僅かな伝承と盆踊りの歌詞に残るほかには、この墓石が残るのみ。私にとっては、…