樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

山村とは

令和2年、ホウコ雑記

冷蔵庫の片隅に冷凍したままのホウコが眠っている。たしか2年前のものだと思う。搗く機会を頭のなかであれこれと浮かべながら、いくつかの記録を整理しておきたい。 思いつくままの箇条書きをまず。1. 阿井の山野で食べたものの中でのホウコ2. ホウコの方言…

茸師と飢饉

【雨の日の地図旅行、その備忘】 五年ごし?の宿題を少々。 ◉茸師 三平大分県津久見市長泉寺境内にある椎茸碑の中に、次の一文がある。「往昔、天保の頃、津久見の先覚者彦之内区三平、西之内区徳蔵、嘉吉、平九郎、久吉等の椎茸栽培業研修に端を発し、三平…

茸作 豊後國市平墓〜#4_Book 7 days

本の顔の7日間、その4。◉茸作 豊後國市平墓 匹見の紙祖にある茸作・豊後國市平の墓。市平(三平)は、天保11年に豊後國から石見國の疋見組にやってきます。嘉永5年まで椎茸の栽培を行います。どこの山かはわかりません、ひとりだったのか、何人かで手掛け…

申年ノ飢饉ー天保7年飢饉ヲ思フ

「この人は、お金がなくても、食えるように、いろいろやってるよ(笑)」 自分のことをそう言われてなるほどなとは思った。そんなつもりはないのだけれど、山を焼き雑穀を育て、野草の食べ方をいろいろと試し……、などなど。研究なのか趣味なのか事業※なのか…

雲州一国の者他国へ出る事甚禁じてあり

温泉津の蔵元、若林酒造の開春、これ美酒なり。日日楽しむ。 ほの暗い樽中の発酵を垣間見、肌寒い蔵中で糀の香りに慰撫されてより、またその味わいもひとしおというもの。さするに数日前のこと、佐賀錦から生酛づくりでものされた無濾過生原酒をちびりちびり…

山の口あけ

9月は山の口あけ。失われた記憶と記録を求めてのろのろじたばたしている。民俗としての記録が現存するトチノミ採取文化の西の果て「柿木村黒淵のIさん大正11年生まれかあ」※1とつぶやくと、「あぁ○○さんね」と妻曰く。すげー。山村の文化凝縮度は基本的には…

地方創生に必要なのは経済循環の向こうにあるインプロビゼーション

藻谷浩介氏がPRESIDENT Online(2016年09月09日)でこう記しておられる。 そもそも地方創生の政策のイノベーティブなところは、交通インフラ整備に工場誘致、という旧来の発想は通じないことを直視し、「地域内の経済循環の拡大」が必要だと明確に掲げたこと…

柿の木村の大鹿山北西部にあった「竹林」の謎〜その2

島根県の西に端に位置する大鹿山の北西部の竹林はどうやら篠地のようだと、そして、入手できるもっとも古い航空写真を入手してみよういうのが前回のお話。 入手しました。約4000円。解像度はあがりましたが(400dpi→1200dpi)、そもそも元の画質がそこまでで…

村のはじまり〜1

日本の村はいつごろから村となったのか? わかったようなわからないような問いではあるが、およそ14世紀頃だとされている。応仁の乱前後のことである。 さて、島根県仁多郡の北端に位置する三澤郷(現奥出雲町三沢地区、阿井地区の一部、雲南市木次町温泉地…

匹見の広見河内について

広見河内について。 なにかをいう前にもう少し調べてみたい。そのための材料をいくつかおいておこう。 角川地名辞典から引用したものが下記。 天保のころに17戸ほどがあったということがわかる。 江戸期〜明治7年の村名石見国美濃【みの】郡のうちはじめ幕…

道の過去と未来

2013年12月7日にこの記事をテストとして記した。 川の道、山の道、鉄の道。 これら、すべて、今、人が省みなくなっている「道」なのである。 鉄の道については、とくにここ奥出雲の歴史にかかわるところ大ではあるが、他の日本の村においても見落としがちな…