樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

道の過去と未来

 2013年12月7日にこの記事をテストとして記した。

 川の道、山の道、鉄の道。

 これら、すべて、今、人が省みなくなっている「道」なのである。

 鉄の道については、とくにここ奥出雲の歴史にかかわるところ大ではあるが、他の日本の村においても見落としがちな道である。

ホースセラピー

 上の記事から7年後の2017年12月18日に追記する。

 このときに抱いた思いはいまでも変わらない。

 忘れられた道の痕跡はいまでも、手をのばせば届く過去を生きた人の記憶に残っている。

 牛の道、峠、塞ノ神、馬頭観音……。

 あと少し。あと少し。