樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

モチアワの精白作業〜詳細写真

 3月1日(水)、曇時々晴。13時〜16時までみっちり脱穀精白作業に取り組みました。  脱穀は洗濯板で擦って落とす方法を採用しています。素手だと量をこなすにはきつい。軍手の着用も考えましたが、繊維がまじるとあとが面倒だなと思い躊躇してしまいます。  選別は篩で粒単位にした後、手箕で3〜5回ふるい、唐箕にかけます。  そこまででこの状態(写真1)    量としては1.7リットルくらい。1キロ弱でしょうか。  これだけの量の脱穀作業時間ですが、およそ2〜3時間かなあ(アバウト推量)。  ミキサーに3回にわけてかけ精白(脱ぷ)します。機械とは違い、むいた皮などと一緒なので、再び唐箕にかけて分別します。(写真2)  するとこうなる。(写真3) 七分づき的状態です。  これ以上精白度をあげていくと、くだけるものが多くなっていまします。  唐箕の2番口から出てきているものをみるとこのように少ない。  精米機に雑穀スクリーンをつけてやったときには、もっとたくさん粉と破片が出てしまったものですが、そこまでやれば、こういう剥け方にはなります。  さて、この日はタカキビも初脱穀  もともと収獲量が少なかったものですが、ぜんぶあわせても1.5リットルくらいじゃないかな。  半分強を試食に供し、残りを種として今年また蒔きます。 -----------------------  ひとりで黙々とやっているように見えるかもしれませんし、いや、実際そうなのですが、元来もう少し人が多くてもよいのですし、そうあるべきであるのです。  はい。奥出雲山村塾、焼畑倶楽部の会員を募集中です。  国内の焼畑地への研修、海外(東南アジア&スリランカ)もあります。なんとなく興味があるという程度からでOKですよ、お問い合わせください。