樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

報告★春がきた♪野山の手入れ@奥出雲岩地の谷〜sec.1

竹の焼き畑2017準備編としての活動、その記録です。今回を第1回=sec.1として続けていきます。

3月5日(日)、参加者は1名、12:00〜16:00の4時間です。

天候は曇り、気温は14℃〜16℃、風はほとんどありませんでした。

作業内容は以下の3つ。

・春の作付けを地面の状態などみながら検討してみるの時間

・積み上げてある竹の始末をどうしましょう

・ちょっくら竹を伐ってみて作業時間の目安づくり

……といったところ。(のちほど加筆しつつ、プランをどこかにアップします)

※確か25本ほど切ったと思う。枯れた竹を片付けたり、引っかかった竹を引きずり出したりというのが、場所もせまく、手間がかかります。本数でいえば、あと150本は切らないといかんと思われる。

さて、来週もやります。3月11日(土)の予定。

参加者募集中♪

春のタケノコ掘り放題券&パーティー参加券がもれなくついてきます。いかがでしょう。

お申し込み・お問合せはは山村塾のサイトにあるフォームからどうぞ。件名を「春がきたよと竹をきる日」としてお名前・メールアドレスを入れて送信ください。

お待ちしてます。

http://s-orochi.org/public/