樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

味噌と納豆を仕込む

 3月13日(月)。曇り時々晴れ。カフェ・オリゼで味噌を仕込んだ日。  黒大豆の味噌づくりは、オリゼにとってははじめてです。頓原にある森の圃ここぺりでとれた赤名黒姫丸(固定種)ですが、お味噌にするにはもったいないほど粒がきれいでしっかりした大豆です。豆は基本的に無肥料栽培しやすいのですが、肥料使ってもここまでのものをつくるには農薬による管理もしないと難しいのだろうなあ、などと思いながら眺めている……暇はありませんでした。  シートをひろげ、何度も拭き、アルコール殺菌し、などなど。とはいえ、つくるのは妻の仕事になっておりまして、自然栽培米の白大豆を使って仕込む"味噌仲間"ひとりと一緒に仕込み作業に入る間は、事務作業のほうにかかっていたのですが。    あわせて17kgほどを仕込んだ味噌。樽明けは1年後となります。  そして今年こそは焼畑地の山畑で大豆をつくり、「焼畑味噌」をつくるのです。  ともに大豆をつくり、味噌をつくる仲間を募集中!  こちらからお問合せください。  奥出雲山村塾(焼畑倶楽部)  また、竹の葉で納豆をつくる試験にも挑戦。結果はまたのちほど。