樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

阿井の田んぼのオタマジャクシ

 ようけおるのお。  ここの田圃は手植えでするけん、また手伝いにきてごせだと。  

2017春のオタマジャクシ from Masaki Omojiro on Vimeo.

こいつの相談ということできたのです。ひとりでやっておられるとか10年以上も。えらいと思う。 けっこうな老木でも萌芽がこんなに。 「いい歳なんだから(そんなになにもかもできないし、やめておけばいいのに)」と奥さんはおっしゃっておられたのだが。生命の力が大地にみなぎっているのだ。そうした力に助けられ、また助けてもいるのだろう。