樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

竹の焼畑2017sec.4【報告】

 火入れ予定日前日である5月13日のことを少々。  雨の日が続いていました。近隣である大東の降水量のデータです。 5月5日 0mm 5月6日 3mm 5月7日 0mm  5月8日 0mm 5月9日 12.5mm 5月10日 0mm 5月11日 4mm 5月12日 2.5mm 5月13日 6.5mm 5月14日 0mm  延期したほうがよいのでは。それもありうることでした。なにせ朝方まで雨が降っていたのですから。いくら乾燥する春の時期とはいえ、条件が悪い。  協議のうえ、延焼しやすいよう面積をせばめ、積み増しをすることで、実施することにしました。積み増しするところは着火点の部分です。最初に延焼のための臨界点をこえてしまうことが肝要であることは、これまでの経験からもわかっていましたから。念入りに。  20170513-P125081202  また小池先生の発案で山ハンノキの苗木を植えました。何本だったろうか。 20170513-P125080902  ともあれ、火入れがうまくいくことを祈りつつ。 20170513-P125081302