樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

虹と市と水と(1)

 木次のカフェ・オリゼで月に一度もうけている「本の話」。今回は安間清『虹の話』をとりあげる。1978年に著された比較民俗学の論考であり、虹の民俗についての論文ではまず参照される基本的文献でもあり、虹の民俗学の嚆矢ともいえるだけの「何か」をもっている。これまで「読む」ということを会の中であまり話すことはなかったのだが、今回は課題としてみる。

 そして、この日記をもって試金の石としたいのだ。

 まずは、告知のための案内文を以下にのせて(1)とする。

ーーー

 あなたは虹が空にかかるのをみて、どんな気持になりますか?

そわそわする。

わくわくする。

消えないで〜とあせる。

ラッキーな気持になる。

はかなさを感じる。

清々しい気持になる。

……人それぞれ、さまざまだと思います。

 さて、時代を千年ばかりさかのぼって、平安時代の日本に行ってみましょう。この時代の人々、とりわけ庶民は、虹が立ったら、そこには市をたてねばらないと強く感じたらしいのです(貴族にはその感情はもはやなかった)。

長元三年(1030)七月六日に、関白家と東宮家に虹が立った。世俗の説にしたがって、売買のことが行われた。(日本紀略

応安五年(1372)八月四日ならびに八月二四日、興福寺金堂の北東の角から虹が吹き上げ南西にかかった。これには満寺が驚嘆した。これにより二五日から三日間、市がたったそうだ。(後深心院関白記)

 なぜ中世の日本人は虹が立ったら、そこに市をたてて売買を行わねばと感じたのでしょう。

 民俗学歴史学、経済学、人類学、国文学……、何人もの研究者たちが、そこに踏み込み、魅力的な解釈を提示してきました。

 案内人・面代が『虹の話』とともにそれらの解釈を踏まえ、集まった皆さんとともに考えてみます。

 自然とは。

 人間とは。

 時間とは。

 今を生きる私たちと、千年前、この日本に生きた人たちとは、虹をめぐってまったく異なる感覚を抱いていました。その違いに着目することよりも、つなげるものに着目したい。それは、売買=買い物をするという行動とそれにまつわる感情、そして「水」に対する恐れと願いにある……、はずですが、はてそこまでたどりつけるやいなや。

 乞うご期待。

虹と市と水と〜『虹の話』(本の話#0007)

◉主 催:ナレッジ・ロフト「本とスパイス」&カフェ・オリゼ

◉日 時:7月28日(金)

 開 場…18:30

 トーク…19:00〜20:20(20:30〜22:00 食事とカフェの時間)

◉場 所:カフェオリゼ(木次町里方)

◉参加費:2,500円(スリランカカレー/ドリンクセット含)

◉定 員:12名

◉申 込:「虹と市と水と」参加希望として、カフェオリゼ宛facebookメッセージか下記のメールアドレスまでお名前とご連絡先をお知らせください。返信のメールをもって受付終了とさせていただきます。メールはこちらまで anaomoshiro★gmail.com(★⇒@)

ーーーー

以上。