樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

2017年アマランサス(赤穂)の成長を振り返る

 島根県仁多郡奥出雲町佐白における竹の焼畑。アマランサスの焼畑栽培については2年目にあたる。赤い立穂を有する種を優先的に栽培すべく、新たな種を入手し育成することにした。長野県松本地方で自然栽培による育成を重ねている種である。  これを火入れ後、蕎麦と蕪を栽培した後にまくものとして試してみた今年。途上であるが振り返りつつ課題をもう一度整理してみようと思う。 ◉5月18日  通称「中山」。播前にはオオアレチノギク(おそらく)が背を伸ばし始めている。中山ではオオアレチノギクが焼畑後のパイオニアプランツとして優先している。この日、そのキクを根こそぎ抜いて種を蒔いた。 20170518-P125087702 20170518-P125088002 ◉6月4日 なかなか発芽しないこともあり何度かにわけて種を蒔いているのだが、この段階でも発芽は認められなかった。 20170604-P125095402 ◉6月10日 待ちに待った発芽。ひとあんしん。 20170610-P126004002 20170610-P126004302 20170610-P126004502 ◉6月23日 20170623-P126008002 ◉7月6日 地形上、日照にめぐまれておらず、また間引きが大きく遅れたこともあるのだが、成育はよくないうようだ。 20170706-P126019102 20170706-P126019402 ◉7月24日 夏、ぐんぐんと成育してほしい〜。 20170724-P126031502