樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

ある焼畑の記録

 8月5日。中国地方のとある農家の焼畑を手伝う機会を得た。記録に残らない貴重なものゆえ、この場所に備忘として記しおく。こう書きつつ思う。おそらく江戸時代中頃に遡る、今私たちが「日本の焼畑」として認識するものも、書くことをためらうものであったのだろうと想像する。江戸時代中期以降、各地で農書が書かれる動きやあるいは料理書が書かれる経緯との対比を、焼畑に物語らせてみたいものだが、それは今はおく。  概況を記す。(のちほど加筆) ◉実施地について ◉時刻について  早朝5時30分より。6時前には着火。鎮火は8時前だったと思う(カメラの記録で再確認) ◉人員  2名。ひとりかふたりだという。 ◉語録(記憶から消えぬうちにこれを記したかった) ・今回はよく焼けなかった。(材が足りなかった。準備ができなかった)  →基本的に雑木(クヌギが多くみられた)を約1年前(秋)に切って放置したもの。視覚にはいるもので多いのは熊笹。枯れ具合からいって1週間〜10日前くらいに刈ったものか。 ・無駄なことだと思うけれど、漬け物がうまいうまいといわれるのでやめられない  →無駄なことというのは投入労力に対して利益が少ないということか。また、販売よりもあげたりすることが多いのだと思われる。 ・ここは(焼き畑地)、木村式の果樹園にしようと思っている。 ・朝だけん、ここはよう燃えん。昼にもう一度火を入れる。  →熊笹のみをひいてあるところをさしての言葉である。熊笹の下にも落葉や枯草がまじる。夏の焼畑は露による湿りがあるものだが、それは土についてとりわけ大きい。土が湿っていれば材が燃え広がる際に必要なエネルギーをそのわずかな水分の蒸発に奪われることになる。 ある焼畑の風景