樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

竹の焼畑2017-sec.24

 8月9日(水)。曇り、午後から時々雨。10時〜15時でエンジンポンプ・タンクを山から下ろし、防火用被覆ブルーシートを取り払うなど、火入れの片付けを行いました。人員4名。  暑さはないものの(とはいえ30℃)、湿度が高く、なかなかにハードでしたが、午前には終了。火入れ地の蕎麦種の発芽状況を確認しました。茎が出ているものがいくつか見られたのですが、全体からすれば1割〜2割の発芽(発根?)だと思われます。6日に蒔いたときに炭が残っていたため、ポップしてしまった箇所や昨日までの雨で流された箇所などに追い蒔きしました。200g程度かと思います。Kくんの蒔き方が上手い。きけば農業高校出身とか。農高おそるべし。