樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

ありがとう〜岩伏の谷の小さな夏祭り

 2017年の8月20日。奥出雲町佐白。最高気温は32℃ほどだったでしょうか。日差しが強いものの、涼風が芝生の上を吹き抜け、東屋の下は過ごしやすい気候でありました。  effe-co.提供によるM.H.U.ガーデンパーティには32名が席を並べ、岩伏の山麓に広がる芝生の広場と、ブラウンスイスの放牧風景とをバックに、のコースを料理教室として体験しました。この日のために製作された椿窯の特製1尺皿に盛り付けられた食は、人を幸せにする何かがあるのですね。  ありがとう。  ありがとうございます。  感謝の気持ちと声は私たちのみならず、この土地でかつて営みの火をともし続け、去られて行った多くの人々、そして新たにここからはじめようとする人々、多くの人へと受け渡しつづけられる、そんな思いであることを強く感じました。