樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

平成30年1月4日8時38分の風景

DSC_0006-3
 仕事はじめの日だった。
 人の世には始まりがあり、草木虫魚にはそれがない。しかし彼らには永遠があるのかもしれない。
 どちらがよいとも思わぬ。人は人として人の世を生きるのみ。
 人が人としてやらねばならぬことの筆頭には仕事というものがある。
 1月7日の今日から、車輪がまわるようにその「仕事」がはじまっている。
 朝食の後、そういえば、今年の目標をかわしてなかったね、と妻に問うた。
 1分ほどでお互いの一文字を決めた。
 私の今年の目標。
 
 昨日、益田市のグラントアで開催中のエドワード・ゴーリー展を観て、記憶に残った展示がこれだった(リンク先はamazonで購入できるその書籍)。

THE POINTLESS BOOK: Or, Nature and Art.

「無意味な本 あるいは自然と芸術」
 意味によって覆い尽くされようとしている世界。その源たる書物というものに無の点を打つこと。無がひらくものに期待しよう。