樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

安曇野ちひろ美術家でみた、シビル・ウェッタシンハ『かさどろぼう』

7月5日の「本とスパイス」、テーマは「雨が滴り落ちるその場所について」。 雨が滴り落ちるその場所について〜シビル・ウェッタシンハ『かさどろぼう』はじめ.(本の話#0019) 先月、安曇野ちひろ美術館で出会ったいくつかの〈もの〉〈光景〉をきっかけ、あるいは足がかりとして論じてみたい、誰かに伝えてみたいと思ったのだ。 今日からまとめていくのだが、そのきっかけを思い起こすために、雑想として記しておく。 まずは写真のみのせておき、テキストはのちほど加筆。

P1290468

P1290449

P1290472

(つづく)

●主な図書等 †. シビル・ウェッタシンハ作&絵、いのくまようこ訳『かさどろぼう』(徳間書店) †. 『雨と生きる住まい―環境を調節する日本の知恵』(LIXIL出版) †. 下山眞司〈縁側考―「謂れ」について考える〉新しいウィンドウで開きます〜建築をめぐる話…つくることの原点を考える(web)