樟の森の研究室

斐伊川が久野川や三刀屋川と合流する地点、木次線がことことと走る線路のすぐそばに住まいし、ここで生きる術と学びを記していきます。

菊芋堀り雑感

 雪の下から芋を掘る。
 一般的には遅いのだろう。サツマイモはもちろん里芋だってもとは南国の芋なのだから、零下の気温ではたちまちにだめになる。が、しかし、だ。菊芋は雪の下のをとってくるものだと不確かながら聞いたことがある。そういう芋なのだと。
 ならば、まさにいまが旬。
 ここ数日、雪も溶けてきた山の畑でためしに掘り上げてきた。
 感触はかなりいい。食べての報告はまた。

f:id:omojiro:20201223183156j:plain